身長170㎝の私がお届けするファッションライフを中心としたブログです。
高めの身長に加え、年齢UPで色々変化する洋服選び、体力づくりなど、日々の気になる事柄をつづります。

長い間、パリに事務所を構えリネンのアイテムを作られてきたZYGAというメーカーのアイテムを購入してみました。

本日はロングリネンワンピースにロングカーディガンの組み合わせに、黒のミニショルダーバッグを斜め掛けすることで締まった感じに。スライダータイプのサンダルで夏のコーディネート。黒のミュールであれば、ピリッとした女性らしさがUPします。
IMG_8245

キレイな黄色カラーが新鮮。パリで長年リネンアイテムをデザインし世に送り出しているZYGA(ジガ)というメーカーのリネンワンピースです。

ZYGA(ジガ)ヨーロッパのリネン協会の『生産者の顔が分かる生地のキャンペーン』
#WhoMadeMyClothes に参加し、ヨーロッパで収穫された麻をイタリアで織り使用しています。

細いリネンの糸からできた軽い麻やガーゼの麻で作られているので、バリバリとした感触のない、しなやかなリネン素材。実店舗があれば触っていただきたいですが、柔らかく、チクチクしないのが特徴です。

厳選された品質の麻を使用したマスターズ・リネンの称号を持っています。
https://www.instagram.com/zygaparis/p/BxRv0vjj2yD/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=86yjk1u4z73s

IMG_8236

暑くなってまいりました。
やっぱり日本の夏には麻が一番。
繊維の長い麻のパンツは、サラッとした肌触りが心地よいです。
本日は、白~ベージュトーンでまとめて、バッグは黒に白ステッチで締まった感じに。サイドにラインが入っているので、スポーティーテイストにまとめるためスニーカーにしました。TEVAなどのサンダルも合います。

ベルテッドリネンパンツは、タキシードパンツのサイドラインからインスパイアーされたものです。アディダスのラインが入ったスウェットの人気もあるため、取り入れられたデザインです。
IMG_8224

冷房で寒くなった場合に備え、リネンカーディガンも必需品。
長身さんにおススメのオープンフロントタイプは、袖丈を長めに着用できて便利。袖丈、裄丈、着丈など合うものをたまに見つけられるBarnyardstormで購入。ヒップも隠れていい感じです。

エシカルリネン=人工灌漑で大量の水を使用せず、農薬も使用しない地球にやさしい農法で育てた麻のことです。








今年2度目の年末年始バリにお祝いムードに包まれた連休でしたが、我が家の連休は通常と変わらず、両方の実家のお墓参り、家の片づけ、ようやく冬のセーターを家庭洗濯、久しぶりに友人と会うなどで終わりました。
IMG_8189

お墓参りスタイル:
自前のトップス
ライトカラーのデニム
古い編み機で編んだパーカー(きっちりとした目で編まれているので、型崩れしません。)
ピエールカルダンのショルダー
アディダスのスタンスミス

このお墓参りは、もう20回忌も過ぎていることもあり、若干ピクニック気分で良い感じなのです。

と、いそいそ主人の祖父母の墓地に向かいました。

ところが、お墓があった場所にお墓がない!!

少し高い所から名前を探しても、ない!

しかし、なんだか更地みたいな空間を確認、、、もしや、、、

多少憤慨しながら事務所を訪ねると、苗字をいうやいなや、『あぁ~OX XXさん、(遺骨)戻されましたよ、4月に』ですって...

義父に電話で確かめると、知らなかった様子。

真相は只今確認中ですが、兄弟でも連絡なしでお墓移動させるものなのかと、若干の不信感を残した連休となりました。

この5月は荒れそうです。

blue v dress & denim

ふわっと柔らかいオーガニックリネン100%のワンピース
冷えが気になる人、季節には細身のデニムとレイヤーでカジュアルスタイリング
turquoise v dress


ライトめなターコイズ系のブルーには、ライトカラーのブルーデニムを合わせて自然な同系色カラーもおススメ
turquoise v dress w bag 2


盛夏にはボタニカル(植物)柄のバッグと合わせてナチュラルフェミニンスタイルもOK

このワンピースは、地球にやさしい方法(人工的な灌漑農法をせず、無農薬)で育てたヨーロッパのリネンを使用しています。


linen sk blue outfit casual2
鮮やかなブルーのスカート
ベーシックなカラーとの組み合わせで、大人のシックなスタイリングに

縦長のメガトートを持ってカジュアル感を演出するのもOK
これからの季節のレジャーに合います


linen sk blue outfit office

ウォレットショルダーでお出掛けスタイルもおススメ





↑このページのトップヘ